物流向け機能を拡張した「SmartDrive Fleet」を発表

モビリティデータ・プラットフォームを開発する株式会社スマートドライブ(本社所在地:東京都港区、代表取締役:北川 烈(以下「スマートドライブ」))は、物流業界における企業課題に対して本格的に取り組んでいくため、現在提供しているクラウド車両管理サービス「DriveOps」に物流向け拡張機能を追加し、今夏より「SmartDrive Fleet」という名称にて提供開始していくことをお知らせします。

スマートドライブが資本業務提携した株式会社モノフル(日本GLP株式会社のグループ企業、本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「モノフル」))は物流企業向けモバイルサービス「monocom」を通してリーズナブルで大容量なスマートフォン/タブレットを提供し、それを「SmartDrive Fleet」を併せて利用してもらうことで、サービスだけでなく同業界におけるテクノロジーインフラの普及も図っていきます。

ドライバーの待ち時間の実態把握と解消を目的に、国土交通省から2017年7月1日より「貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令」が施行されましたが、多くの運送企業は手書きで日報作成を行っているため、ドライバーの作業負荷が増えるだけでなく、集計や分析にも莫大な時間を要してしまいます。

スマートドライブは、「SmartDrive Fleet」において、現在提供中のリアルタイム動態管理や安全運転診断機能に加え、上記省令に対応したドライバーの荷待ち時間や休憩時間といった情報を自動で集計する「乗務記録機能」を追加提供していくことで、運送企業の課題解決に取り組んでいきます。

また、物流業界では、業務用の携帯電話を社員へ貸与している運送企業も少なく、かつドライバーの高齢化という状況もあり、スマートフォン所有率が高くないという現状があるため、上述のようにモノフルが提供する「monocom」では低価格で大容量のスマートフォンやタブレットを提供し、テクノロジーを浸透させるためのインフラ整備を促進させていきます。

物流企業向けクラウド管理「SmartDrive Fleet」概要
車のシガーソケットにワンタッチで装着するセンシングデバイスを利用した、クラウド型動態管理サービスで、企業における車両事故の削減や保険料・運用コストの最適化、営業効率の向上を目的としたサービス。デバイスから取得したデータで運転リスク診断を行ったり、車両稼働率分析から効率的なルート提案、日報の自動化など、事業で車を使う企業の課題解決に取り組んでいる。また、物流業界向け「乗務記録機能」のリリースに伴い、本格的に物流業界へのサービス提供を開始する。
URL: https://driveops.com/

「monocom」で利用出来るスマートフォン・タブレット概要
月額2,780円で端末費用、1万円分相当の通話料、7GBの通信、保守が基本サービスに含まれる。防水、防塵、耐衝撃性能を有する法人向けAndroid端末。
URL: https://monoful.co.jp/monocom

 

■ 株式会社スマートドライブについて (URL:https://smartdrive.co.jp/)
株式会社スマートドライブは2013年10月に設立され、「移動体のセンサーデータのプラットフォーム」を開発してきました。現在は、自動車のOBD-IIポートやシガーソケットにワンタッチで装着するIoTデバイスの開発、取得される車両・走行データのテレマティクスサービスへ活用、および自社サービスとして法人向けクラウド車両管理サービス「DriveOps」(今夏から「SmartDrive Fleet」に名称変更」を提供しています。

今後は、これらのノウハウを活用し製品群の拡充や他社デバイスとの連携を行い物流市場にも本格的に参入していきます。また、今春にはコンシューマー向け新サービス「SmartDrive Cars」および「SmartDrive Families」の提供開始を皮切りに、コンシューマー領域の事業も開始しました。加えて、同社プラットフォームへのドライブレコーダー連携の開始も控えており、法人・個人問わずさらに幅広いデータの提供や解析が可能なプラットフォームへの進化にも力を入れています。

代表者:北川 烈
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋6-19-13 WeWork新橋3階
設立:2013年10月
事業内容:自動車などの移動体データを取得するためのハードウェアの開発・提供、およびそのデータ活用したサービス、アプリケーション、プラットフォームの開発・提供

■ 株式会社モノフルについて (URL:https://monoful.co.jp/)
モノフルは、先進的物流施設のリーディングプロバイダーである日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」)のグループ会社の出資により2017年11月に設立されました。社名には、「物(mono)であふれている(full)」という物流の現状を表す意味に加え、我々が目指す未来の物流の姿である「単一の(mono)プラットフォームで遂行させる・実行する(fulfill)」という意味を込めました。

代表者:帖佐 義之
所在地:〒105-7134 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター34階
設立:2017年11月
事業内容:各種情報の収集及び分析、情報提供サービス、コンサルティング、商品の企画・開発及び販売、不動産賃貸・管理

-本件に関するお問い合わせ窓口-
株式会社スマートドライブ 広報

ニュース一覧に戻る

会社や事業に関するお問合せ、サービスやプロダクトに対するフィードバックなどはこちらからお願い致します。

お問合せ